かみさまのいる景色が不思議と読んじゃう理由

表紙絵の黒髪ツインテ少女につられてかみさまのいる景色を読んでみました。
確かに鈴とか付いていて神々しい雰囲気があります。
リアルで、こんな姿が似合いまくる娘とか、ほとんどいないんだろうなあって思いますけどね。
さすがは二次元って感じがしますよ。
まあよく考えたら、髪の色が怪しい人が二次元ワールドにはいっぱいです。
でも、困った事にそれで超可愛く見えるから謎ですね。
現実世界だったら、ほぼ間違いなくコスプレにしか見えませんよ。
ええ、もう有明の某イベントでいっぱいいる人達みたいな感じです。
それで作品に入りますが、何かいきなり船とか乗ってますね。
トトさまって呼ばれる金髪美少女が出てきました。
全く先が見えませんよ、このアイル島の船って・・・?
ここから先も話がぶっ飛び、読者的に付いて行けない印象でした。
ただ、登場する女の子キャラ達が、いちいち可愛いから何でもOKです。
これもある意味、二次元の特権だと思います。
ストーリーが割とアレでも、キャラ萌えできたら大体イケるみたいな感じですね。
かみさまのいる景色の場合、画力もそんなに高いとは思えません。
でも困った事に、何か萌えを感じてしまうから、ドンドン読んじゃうわけですね。
そんなタイミングで、ふと昨晩読んでいた漫画を思い出しました。
ちょっと大人の作品で25歳の女子高生というのですが、こっちはキャラの画力は高いです。
ただ、話が強引なのに、何故か面白いって所が不思議でした。
三次元の世界にこんなにせもののJKとかいたら、本当に楽しそうですね。
漫画みたいに、先生がガチな同級生だったとか、あったとしても多分恋仲とかにはならないでしょう。
25歳の女子高生って漫画が良かった理由